TIPS

海外旅行のガイドブックはあまりおすすめできない理由。〜いいお店の見つけ方

  • LINEで送る
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
 

今まで、飲食店やホテルの悪い評価は書かないようにしていたのですが(というより、細かい事があまり気にならない方なので特に気になる所がなかった)

良いお店も良くないお店も挙げてこそ、良いお店の価値が上がるのではないかと思ったので。。

あまり良いお店ではないな、と思った所は正直に書いてみようと思います。

そんな訳で、今回は珍しく酷評。

スポンサーリンク

例①

今回訪れたのはAqua Spiritという香港の夜景が楽しめるBar。

日本のガイドブックにもよく載っているので、ご存知の方も多いと思います。

あくまで個人的な意見ですが、もう行く事はないかな〜と・・

 

 

一番気になってしまった所は、店内があまりにも安っぽい事( ´Д`)

夜景の見える大きな窓や内装はすごく良いのですが、コースターやテーブルセッティングが安っぽすぎる。ついでにトイレも汚いし、店内の床も汚い。

なんていうかこう、写真で見える部分だけが綺麗で、写真映えしすぎちゃってる感じ。。

 

 

Aquaは夜景側の席に座るとテーブルチャージが一人HK$300(この日はクリスマスでした)、グラスシャンパン1杯HK$215程なので1杯飲んだだけでも一人6,500円は超えるのですが、

その料金は香港の夜景の見えるBarの相場からそこまで外れている訳ではないのでいいとして、料金と内容があまりにも見合っていないなあ。。と思ってしまいました。

一流ホテルのbarを選んでおけばよかったなあ・・とちょっと後悔。

 

 

一緒に訪れていた彼も同じ事を思っていたようで、「2杯目を注文する気がおきない」と言っていました。

結局席に着いて15分ほどでチェックしたので、店員さんに「テーブルチャージがこんなに高いのに本当にいいの?せめてあと1杯は楽しんだ方がいいと思うわ」と言われながらもすぐにお店を出てしまいました。

 

 

店内の音楽は何故かクラブミュージックがかかっていて騒がしかったのも好きではなくて。

好みの問題かもしれないけど、価格帯に見合った音楽や内装ってあると思うんだよなあ。。

 

今回の香港旅行ではリッツカールトンのアフタヌーンティーへも行きましたが、料金は一人8,000以上とAquaより高いはずなのに十分に満足感を得る事ができました。

リッツは何度でも行きたい。

例②

もう一つ、以前にブログで酷評したバリ島のロックバーというBarがあって。

 

こちらは増築する前までは素敵なbarだったのですが、、

席数が増えてからというもの、トイレの前の床が水浸しの所にも席があったり、サンセットが見えるというのを売りにしているにも関わらずサンセットなんて見えない席があったり。

その上予約ができないっていう謎のシステムが腑に落ちず( ´Д`)

 

フードやドリンクもなんとも言えない感じで、ここも15分程でお店を出てしまいました。

詳しくはこちらの記事

バリ島 のRockBarは微妙だった

まとめ

この2つのお店に共通しているのは、

日本のガイドブックで大々的に宣伝していること。

 

広告費にお金かけすぎなんですよ、、、

その分内容が伴っていなければ、意味がないと思うんです。

 

リピーターがいなくたって常に広告費をかけていればそれなりの客数は確保できるし、こういうお店はそう潰れることはないんだろうけど。。

 

 

きっと中にはハネムーンだったり、定年退職の記念だったり、親孝行を兼ねたプレゼントであったり、一生に一度の思い出として行く方もいると思う。

そういった方たちが嫌な思いをしてしまったら、悲しい気持ちになります。

 

 

お店にとっては1度しか来ない観光客かもしれないけど、訪れる人にとってはずっと残る思い出になると思うので。。

絶対に行かない方がいいとは言わないけれど、もっといいお店はいっぱいあります。

 

 

あまり良くないお店に出会わないようにするには、やっぱり一番は広告費を使いすぎているお店は避けること。

海外のお店に限らず、日本のサービス業も同様ですが。

今は、いいお店やサービスであれば宣伝費にお金をかけなくても人が集まってくる時代です。

個人のサイトやブログ、SNSの方がどちらかというと信用できると私は思います。

 

 

特にガイドブックは要注意。

1ページ記事を載せるだけで100万円以上、なんて普通にありますから。。

だからといって、ガイドブックに載っているお店でもいいお店はいっぱいありますが。

見開きのページに毎回載っているようなお店だけは、できれば避けた方が良いです。

 

 

 

酷評になってしまい申し訳ありません。

たまにはこういうのもね。

 

では、また👍

 
スポンサーリンク

 
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン