TIPS

安い航空券を探すなら!おすすめの航空会社【LCC編】メリットとデメリットも

  • LINEで送る

前回「【ビジネスクラス】搭乗記&ランキング10!」の記事で好きな航空会社について書きましたが、今回はそのLCC編

もちろんビジネスクラスは大好きですが、同じくらいLCCも好き。

というか飛行機が好き♡笑

 

近場の海外や飛行時間が4~5時間までなら、LCCでサクッと行きますね。

私は普段から荷物が少ないし、機内食が苦手だしLCCでも特に問題がない・・どころかメリットがいっぱい( ^_^)/~~

LCCとは?

LCCとはLow Cost Carrier (ローコスト・キャリア)の略で、いわゆる格安航空会社の事。

反対に、日本でいうANAやJALのような大手の航空会社の事をレガシーキャリアといいます。

LCCはここ近年でやっと日本にも浸透されてきましたが、ヨーロッパでは十数年以上前から人気があり日常的に利用されてきました。

日本のLCCの普及は2012年頃。

Peach・バニラエア・ジェットスターが同時期に誕生し、「本格的なLCC時代の到来」「LCC元年」とも言われました。

LCCのメリット・デメリット

メリット

最大のメリットはとにかく安い事。

でも私は、安い事以外にも色々なメリットがあると思っています。

例えば、チェックインの締め切り時間が遅い事(航空会社にもよりますがだいたい30〜50分前まで)

今まではフライトの2時間前までには空港に着いていなければいけなかったけど、LCCなら空港で待つ時間も少ないです。

 

もう一つのメリットは、機内食がない事。私は機内食嫌い人間で、長距離フライトならまだしも3時間程度の飛行時間でわざわざ不味いものを出さないでって思ってる笑

現地で美味しいもの食べるからいらないよって(*`0´*)

丁度寝つきそうなタイミングで出てくるし、においで気持ち悪くなるし、機内食撲滅運動でも起こそうと思ってた所←

っていうのは私の個人的な意見ですが。

機内食がなくてしかもその分安いなんて、私にとってはこれ以上合理的なものはないです。

LCCのメリットは合理的で画期的な所。

サービスや丁寧さはあまりないけど、無駄なものを省きまくってて爽快( ´ ▽ ` )ノ

デメリット

料金が安い分、デメリットもあります。

LCCと聞くと「安全じゃない」みたいなイメージを持つ方も少なくないかと思いますが、安全じゃないから安い訳ではないですよ。

事故が頻繁に起きたり墜落しまくってたら、運営が続いてる訳ないですよね(笑)

安い理由はざっくりいうとこんな感じ

・手荷物の重量や数に制限がある
・機内食などのサービスは有料
・遅延の際などの補償がない
・座席がちょっと狭い

 

細かくいうと他にもあるけど。

あとは所々ちょっと安っぽい。CAさんの制服はペラペラだしw

搭乗ゲートは空港の一番端の方にあるから結構歩く事が多いし、機内に搭乗してから飛び立つまでの時間も長い。(着陸してから空港へ入るまでにバス移動しなきゃいけない事もある)

大きな空港だとLCC専用ターミナルっていうのがあって、余分なものを省きすぎてもう工場の内部みたいになってる(笑)

ちなみに成田空港の第三ターミナルは LCC専用ターミナルで、予算の関係で内装が陸上トラックになってます。笑

初めて見た時の衝撃は凄かったけど、低予算っていうのを逆手に取っちゃったデザインに感動した( ^_^)/~~~

そういった点が気にならなければ特に問題はないです。

私はこの効率重視っていうのが一周まわって好き。

おすすめLCC

Peach (ピーチ)

おすすめのLCC peach 羽田就航

引用:flypeach.com

日本に就航しているLCCの中で個人的に一番好きなのはPeach

関西国際空港を本拠地としている日本の航空会社で、ANAグループの傘下にあります。

イメージカラーはピンク。ピンクで可愛いからとか言うのは置いておいて。w

日本国内はもちろん、韓国や台湾へ行くのにも便利。

羽田空港に就航している便が多い事もポイントです。

そしてなんといっても運賃の安さ。海外航空券が1万円以内なんてもう当たり前で、常に平均的に安いのがPeachです。

Vanilla Air (バニラエア)

おすすめのLCC バニラエア 沖縄や奄美へも

引用:vanilla-air.com

ANAと後でご紹介するエアアジア(マレーシアのLCC)が共同出資して2011年に設立した日本の航空会社です。(今は提携解消して100%ANAの傘下にあります)

イメージカラーは水色×イエロー。

「リゾート」をテーマとしていて、沖縄や奄美方面への乗り入れも多く、日本国内のビーチリゾートへもアクセスしやすいのが特徴。

一つ難点があって、羽田空港への就航はなく成田空港まで行かなければいけない事。

東京〜神奈川の人にはちょっと遠いですね。でもやっぱり、安い。

Jet star (ジェットスター)

おすすめのLCC jetstar ジェットスター

引用:jetstar.com

オーストラリアのメルボルンに本拠地を置く航空会社で、カンタス航空が出資して設立。

その後2012年にジェットスター・ジャパンが誕生し、成田を中心として国内線の運行も開始しました。

イメージカラーはオレンジ。

運賃は国内最安値クラスで、安さで言ったらジェットスターかPeachか、という感じです。残念ながらこちらも羽田ではなく成田に就航しています。

成田と大阪をハブ空港としてきましたが、2018年春からは新たに名古屋が第三のハブ空港になります。

Air Asia (エアアジア)

おすすめのLCC AirAsia エアアジア 国内線も

引用:commons.wikimedia.org

最近国内就航も始まったエアアジア。マレーシアのクアラルンプール国際空港 (KLIA) を本拠地とする航空会社で、アジアのLCC王者とも呼ばれるほどのアジア最大のLCC。

イメージカラーは赤。

マレーシアやタイ方面へ行く時に便利で、羽田に就航しているので便利です。

LCCは安い、というイメージがありますが、正直そこまで安くはないという印象なのがAir Asia。

東南アジアへ行くなら、LCCではないけど香港エクスプレスの方が安いです(後でご説明します)

ただ近年劇的に安くなってきているので、目が離せません!

 

easyJet  (イージージェット)

ヨーロッパのおすすめLCC easyjet イージージェット

引用:elegraph.co.uk

ちょっと余談ですが。日本からの就航はありませんが、ヨーロッパ内での移動もLCCがおすすめ。

その中でも便数が多く低価格で便利なのがeasyJet。イメージカラーはオレンジ。

欧米人は日本人より体格がいいので、LCCとは言っても日本人には十分なくらいに座席も広いです。

ヨーロッパのLCCの面白いところは、意外と富裕層も多い事。

客層の幅が広い、というかそもそもLCC自体の人気が高いんですよね。

いい時計してんな〜っていうビジネスマンぽい人も、いい鞄持ってるセレブマダムもいっぱい乗ってるw

きっと日本もいずれそうなると思うんですよね。LCCユーザーは若い層か、無駄が嫌いな富裕層の両極化。

LCC以外で低運賃の航空会社

LCCと大手航空会社の丁度中間くらいの航空会社もあります。一応括りはLCCではないけど、大手の航空会社ではない中堅層。

日本ではなんと言うか分からないのですが、海外ではLow-fare airlineと呼ばれています。

日本でいうとスカイマークなど。運賃は安いですが、実はLCCでもないんですよね。

Eva Air (エバー航空)

台湾のおすすめ航空会社 EVAAIR  エバー航空

引用:en.wikipedia.org

台湾に本拠地を置く航空会社で、イメージカラーはグリーン。

LCCではないのですが、航空券の安さはLCC並みに破格です。

航空会社としては初めてサンリオと提携していて、これが本当に可愛いから女性の方には特に乗ってほしい。♡

エバー航空 ハローキティジェットが可愛い 台湾

引用:milelion.com

ハローキティジェットという機体も運行しており、チェックインから搭乗ゲート、アメニティーや機内食に至るまで全てキティちゃんという徹底ぶり。

エバー航空 ビジネスクラス キティちゃん

引用:onemileatatime.boardingarea.com

台湾の空港内キティーちゃんショップ」の記事にも書いていますが、台湾でもキティちゃんは大人気です。

Skymark (スカイマーク)

国内の格安航空会社 スカイマーク 

引用:ibaraki-airport.net

元々はエイチ・アイ・エスの社長らによって出資された航空会社で、2014年の経営悪化に伴いJAL・ANAに支援要請した事から最近では提携運行便も増えました。

LCCとまではいかないですがサービスは簡素化されていて、確かドリンクは有料だけどコーヒーや軽食は無料だったような?

こんなにもベイスターズっぽいデザインでありながら、2017年は阪神タイガースとコラボした「タイガースジェット」という機体が運行していて、機内で阪神タイガースの応援歌が流れていました(笑)

HK Express (香港エクスプレス)

格安航空会社のおすすめ 香港エクスプレス

引用:flightglobal.com

その名の通り香港に拠点を置く航空会社で、東南アジアへ行くのにも便利です。イメージカラーは紫。

実はLCCではなくてただ単に運賃低価格を売りにしている航空会社です。

キャンペーン時の運賃は本当に破格で、閑散期には香港まで片道100円っていう航空券があったりしますw

2017年には香港に次ぐ第二の拠点を設立する事を検討しているそうなので、どこになるか楽しみですね。

まとめ

無駄なものをバッサリ切って、思いっきり料金を安くしたLCC。

大手の航空会社のサービスは、ビジネスクラス以上であればその良さを実感しますが、エコノミークラスのサービスはあってもなくてもいいと感じているのは私だけしょうか?ヽ(´o`

3〜5時間以内のフライトであれば特に。

LCCはメリットが多く、これからも伸びていくと思います。

金銭的な面が心配で海外旅行へ行くのを躊躇っている方も、ぜひ利用してみて下さい✨

ビジネスクラス編はこちら✈︎

 
   
 
ライザップイングリッシュ
ホテルレストランCafeBar飛行機服装&持ち物海外ディズニー
ビーチリゾートアクティビティお土産海外生活旅中のトラブルお得な情報コラム