バリ島

バリ島で世界一高級なコーヒーを試飲。ジャコウネコの糞からつくるコピ・ルアク

  • LINEで送る

海外には “ネコの糞からつくられるコーヒー” があるって知ってますか?

その名もジャコウネコのコーヒー「コピ・ルアク(kopi luwak)」。

世界一高級なコーヒーと言われていて、日本で飲むと一杯数千円もする、希少価値の高いコーヒーです (◎_◎;)

今回は、バリ島にあるジャコウネコのコーヒー農園へ行って栽培の工程を見学しつつ

実際にジャコウネコの糞コーヒーを飲んでみた時のお話です🌴

コーヒーの栽培所へ

ジャコウネコのコーヒーがつくられているのは主にインドネシア

今回訪れたのは、インドネシアの人気ビーチリゾートバリ島

バリ島でもジャコウネコを飼育しコーヒーを作っている所があるんです。

バリ島のカーチャーターで観光

私たちはクタビーチの近くのホテルに宿泊していたので、ウブドキンタマーニの方面へカーチャーターで観光に行く際に

ドライバーに「ジャコウネコのコーヒーが飲みたい」と伝えて連れて行ってもらいました。

ジャコウネココーヒーの栽培所は森の中にあって、栽培所の駐車場に車を停めてから少しだけ森の中を歩きます。

バリ島 ジャコウネコのコーヒーの栽培所

様々な種類の植物が生えています。

パイナップルが実っているのを初めて見たよ。パイナップルは草に生えるって初めて知った・・

バリ島のパイナップル

インドネシアにしかない植物もたくさんあって、ガイドさんが色々説明しながら木の実を食べさせてくれたりして楽しかった!

コピ・ルアクとは?

10分程歩いてコーヒー農園に着きました。

まず、ジャコウネコのコーヒー「コピ・ルアク(kopi luwak)」とは。

ジャコウネコの餌にコーヒー豆を与え、その糞の中にあるコーヒー豆を使用したコーヒーのこと。

世界最高級のコーヒーともいわれており、インドネシア語でコピ・ルアクと呼ばれています。

ジャコウネコの腸内にある消化酵素の細菌によって、独特のいい香りと美味しさが加わるそう。

噂のジャコウネコがこちら。

バリ島 世界最高級のコーヒー ジャコウネコ 栽培所

ネコというより、ハクビシンとかイタチとかに近いかな?

コピ・ルアクの発祥というか、飲まれるようになった経緯は

美味しいコーヒー豆が木になるとジャコウネコが食べてしまうから、インドネシアの人々はネコの糞の中からコーヒー豆を取り出して飲んでいたとか。

次の写真はお食事中の方は閲覧注意。

上の箱の中にあるのが、ジャコウネコから排泄されたものです。

バリ島 ジャコウネコのコーヒー コピ・ルアク

想像していたより綺麗というか、ただコーヒー豆が連なっているだけにも見えますね。

コピ・ルアクの作り方は今でも一緒。

コーヒー豆を食べたジャコウネコから排泄された糞からコーヒー豆を取り出し、よく洗って乾燥させた後焙煎します。

きちんと洗っているので、衛生面の心配はありません。こちらは乾燥させている最中のコーヒー豆。

バリ島でコピ・ルアクが飲めるコーヒー農園 栽培所

餌として与えるコーヒー豆の種類や質によって、出来上がるコーヒーの味や香りも異なります。

このコーヒー農園では、焙煎〜ブレンドして、挽くところまで全ての過程を見学できます。

全てが手作業で行われていて、使われている機械も昔ながらのもの。

コーヒーが出来上がるまでを見学したら、次はコーヒーの試食です。

コーヒー&紅茶の試飲が可能

このコーヒー農園では、直売も行われていてコーヒーや紅茶の試飲も可能。

なんとこれ全部無料。12種類もあります。(この中にはジャコウネコのコーヒーは含まれていません)

バリ島名物のバリコーヒーをはじめ、甘いバニラコーヒーや濃厚なコーヒー、

レモングラスティーやフルーツティー、ハーブティーなど色々なフレーバーを飲み比べできました。

しかも全部美味しい!( ´ ▽ ` )ノ

ジャコウネココーヒーを飲みたい場合は、1杯500円くらいで追加注文します。

日本で飲むと数千円するコーヒーなので、かなり破格ですね!

コピ・ルアクの味

さていよいよ世界最高級のコーヒーの試飲です。

ジャコウネコのコーヒー「コピ・アルク」がこちら

世界一高級コーヒー ジャコウネコ バリ島 コピ・アルク

すごく濃厚で、いい香り!

これが世界一高級なコーヒーの香りか・・!

バリコーヒーも同様ですが、バリ島で飲まれているコーヒーの飲み方は

①粉状のコーヒーをカップに入れる
②お湯を注ぐ
③かき混ぜる
④コーヒーの粉が底に沈むのを待つ
⑤底の粉を沈めたまま飲む

なので、底に沈んでいる粉をかき混ぜてはいけません。

私は間違えて思いっきりかき混ぜてしまったので、口の中が粉だらけになって大変なことになりました( ̄▽ ̄)笑

勘違いしてはいけないのが、ジャコウネコのコーヒーは世界一高級なコーヒではありますが

味が美味しいからという理由だけで高級なのではなく、産出量が少ないために希少性があり、そこに価値があるのです。

生産の工程上、コピ・ルアクは大量生産ができないので高額で取引されています。

お土産も買えます

試食をした後はもちろん、気に入ったものを購入できます。

手作りの木の入れ物に入ったコーヒーと紅茶が可愛い🌸

女子におすすめのバリ島の可愛いお土産 バリコーヒー

デザインも色々あって、300個くらいずらっと並んでいる中から自分で好きなものを選べます。

私はバリコーヒーとレモングラスティーが気に入ったのでたくさん購入しました。

1個500円。全て手書きで書かれた入れ物が可愛くて、お土産に渡したらかなり喜んでもらえました。

お土産用のコピ・ルアクも日本で買う10分の1くらいの値段で販売されていましたよ。

栽培・直売所の場所

今回訪れたジャコウネココーヒーの栽培所&直売所は、カーチャーターのドライバーに案内してもらったので詳しい場所はわかりません。

現地人ならだいたい知っていると思うので、カーチャーターのドライバーにお願いしてみると良いと思います。

1日カーチャーターすれば、車でしか行くことのできないエリアや世界遺産、寺院をまわることができて便利です。

バリ島のカーチャーターなら、こうやってコーヒー農園に連れて行ってもらったり、好きな所へ行けるのでおすすめですよ。

コピ・ルアクの偽物に注意

コピ・ルアクがつくられているのは主にバリ島です。

フィリピンやインドなどでも似たようなコーヒーが販売されているようですが、これはアラミド・コーヒー(Alamid coffee)と呼ばれているもの。

こちらは複数種のコーヒー豆(リベリカ種など)がブレンドされていて、ジャコウネココーヒーとはまたちょっと別物だそう。

また、ベトナムで売られている類似品タヌキコーヒー(Weasel coffee)は、人口的に豆を発酵させたものであってコピ・ルアクとは別物なので注意。

おすすめです。

バリ島を訪れたら、ぜひジャコウネコの糞コーヒー「コピ・ルアク」を飲んでみてくださいね。

きっといい経験ができると思います。

ここでコピ・ルアクを飲んでいる時に、カーチャーターのドライバーが

「美味しいか、美味しくないかではない。新しい経験、体験が大事。」って片言の日本語で伝えてくれたのがとても印象的でした。

楽しい体験をたくさんして、日常生活で忘れかけていたことを思い出させてもらったバリ旅行でした。

よいバリ旅行を🌸

 
   
 
ライザップイングリッシュ
ホテルレストランCafeBar飛行機服装&持ち物海外ディズニー
ビーチリゾートアクティビティお土産海外生活旅中のトラブルお得な情報コラム