ハワイ

ハワイに月3万円で住む方法。海外での生活費が安くなる「WWOOF」とは

  • LINEで送る
ハワイ 仕事

みなさん、こんにちは!
ライターのTsubasaです。

ハワイのノースショアで生活し始めて8週間。日本にいる時の自分では考えられないくらいのんびりしたハワイアンライフを送っております。

ハワイ ノースショア 住む ブログ

それにしても、ハワイに住む!ってなかなかハードルが高いですよね。

物価も高いし家賃や食費を考えたらいくらあればできるのか。

そんな人にオススメしたいのが今日ご紹介する「WWOOF」という制度です。

WWOOFって何?

WWOOF(ウーフ)とはWorld Wide  Opportunities on Organic Farms の略で、簡単に言えばオーガニックのファームステイを体験するシステムのこと。

1971年にロンドンで始まった制度です。

ハワイ生活 農業 ホームステイ

有機農業を営む農家や農家レストラン、農家民宿、自然体験学校など外国人を受け入れる人=ホスト(host)

旅行者や学生、専門家など農家のもとで働く人=ウーファー(woofer)

WWOOFはウーファーが1日に平均6時間ほど働く代わりにホストが食事と宿泊場所を提供するというもので、ウーファーはお金のやり取りはしません。

ウーファーの仕事はファームによっても様々で、雑草取り・種まき・野菜の収穫などの農作業だけではありません。皿洗いや掃除、家畜やペットの世話など幅広い仕事を手伝います。

Wwoofの事務局は世界60カ国以上にあり、日本では1994年からスタートしました。つまり、世界60ヶ国好きな所に短期滞在が可能ということ!

WWOOFの始め方

① 登録する

WWOOF ウーフ ブログ

WWOOFを始めるにはまず、ホストもウーファーもどちらも登録が必要になります。登録するには登録料が必要で、会員資格は1年間有効です。

登録方法は国によって異なるので、まずはwwoof.netから目的の国のWWOOFサイトを確認しましょう。

WWOOFの登録料は国によって違います。アメリカは50ドル(約6,000円)、オーストラリアは70豪ドル(約5,000円)チェコは15ユーロ(約2,000円)など。

日本国内のウーファーの料金はこちら。

初年度:5,500 円
2年目: 2,900円
3-4年目:1,900円
5年目以上:1,500円

ホストの料金はこちらです。

初年度:8,500 円
2〜4年目: 7,800円
5〜7年目:5,800円
8〜9年目:4,800円
10年目以上:3,800円

会員登録が完了すると、各農場の詳細やホストのコンタクト先などの情報が会員サイトから確認できるようになります。

 

② 各ファームの詳細をチェック

海外生活 農業 ファーム ホームステイ

サイト上のレビューや条件などをチェックし、働きたい農場を探します。

ファームによっては1人しか受け入れていないようなこじんまりとした所もあれば、10〜20人ほど受け入れている規模の大きいファームまで様々。

労働時間は週20〜40時間と差があり、宿泊場所もキャンピングカーのところもあればキャビンの所もあり(私はテントでした)条件も大きく異なります。

自分に合ったスタイルのファームを選んでみてくださいね。

③ メッセージを送ってみる

ハワイに安く住む ブログ

気になる農場を見つけたら、ホストに自分でメッセージを送って連絡を取ります。

実際にホストへのメッセージを送る際の文章の例をご紹介します。私が実際に送ったメールがこちら。

Dear Mr/Ms. Mark and Kathy,

Hello!
My name is Tsubasa Kanno.
I am looking for a WWOOF host family.I would love to live, work and experience local Hawaiian farm life.

This is my personal detail.

NAME : Tsubasa Kanno WWOOF MEMBERSHIP EXPIRE : 14 Jan 2020 WWOOF MEMBERSHIP NUMBER :◯◯◯◯◯ AGE/SEX : 30 / Female NATIONALITY : Japanese SMOKE : No VEGETARIAN : No CONTACT:+1 647 ◯◯◯ 2890  ◯◯◯◯◯@gmail.com

PERIOD OF STAY: 2months From 15 July 2019 to 14 sep 2019 VISA TYPE: Visitor visa ENGLISH LEVEL: conversation level FARM EXPERIENCE: I have no experience INTEREST: I am interested in organic food very much. I love eating and cooking, I would like to start WWOOF to experience Hawaiian culture and study english.

Please let me know if you are able to accept my stay. I am looking forward to seeing you.

Best regard,

Tsubasa Kanno

 

宛名は男性か女性かはっきりわからない場合はMr./Ms.名前」にしておきます。

日本語のメールと同じで、最初に名前、簡単な挨拶、ウーフィングできるファームを探していることを伝えます。(なぜこのファームに惹かれたかなどを一言加えるとより良いです。)

そして自己紹介

終わりには受け入れてもらえるか教えてくださいという旨と、「お会いできることを楽しみにしています。」などの一言を添えて。

最後には、敬具に当たる

Best regard,
Sincerely yours,
Cordially,

などの一文で締めくくるのが基本のマナーです。自己紹介部分は

名前:
ウーフメンバーシップの有効期限:
ウーフメンバーシップナンバー:
年齢 / 性別:
喫煙(者かどうか):
ベジタリアン(かどうか):
連絡先:
滞在希望期間:
ビザのタイプ:
英語レベル:(最低でもconversation level(日常会話レベル)にしておきましょう。) 
動機:

これくらいの情報があれば良いと思います!それに加えて自分の強みなどがあれば短くまとめて付け足してもOK。

あとはファームによって少し内容を変えつついくつか気になるところに送ってみて、返信を待つのみ!

私は登録してすぐ3件のファームにメールを送り、そのうち1件から1週間以内に返信がありそこが第一希望の場所だったので即決しました。

いつまでにホストと連絡を取れば良い?

ハワイ生活 オーガニックファーム 滞在記

ホストへのメールは滞在希望日のどれくらい前に送れば良いのでしょうか?

私の場合は滞在の3ヶ月前と早い段階に連絡を取りましたが、基本的には2ヶ月前くらいに送れば良いと思います。

相手は海外の人なので、返信が遅かったりすることもよくあります。1ヶ月前だと間に合わない場合があるので注意。

(人気のファームは早くから埋まってしまっていたり、直前になると航空券も高くなってしまいます)

 

VISAの取得は必要?

ビザ パスポート

WWOOFなら、金銭のやり取りがない&報酬を貰う訳ではないためアメリカ滞在の場合でもビザは必要ありません。

ビザ免除プログラム=つまりESTA(電子渡航認証システム)での滞在が可能です。

そのため滞在期間は1度の渡航で3ヶ月(90日以内)が限度となり、また年間180日を越えての滞在は違法滞在になるので注意。

おわりに

みなさま、WWOOFについて少しは興味が湧きましたでしょうか??

海外で長期滞在したい方にとってはとってもお得な制度なので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

次の記事では私が実際にハワイ滞在した際の1週間のスケジュールや体験内容をご紹介しています!

こちらもぜひご覧ください!