イタリア

【ミラノ】ドゥオモ目の前の絶景シーフードレストラン。リゾットが美味しい

  • LINEで送る
ミラノのドゥオモが見えるレストラン

イタリア・ミラノを訪れるなら、ドゥオモ(ミラノ大聖堂)を眺めながら美味しい料理が食べたいなあ。

と思ってみつけたレストラン( ^_^)/

料理もすごく美味しくて大満足でした🌸

Giacomo Arengario

お店の場所はドゥオモから徒歩10秒。

ミラノのドゥオモ ブログ 旅行記

ドゥオモを正面から見て右手にある、Museo del Novecento(ミラノ20世紀美術館=ノヴェチェント美術館)の上にあります。

入り口はドゥオモの右の側面の方にあります。(一階が美術館になっています)

ミラノのドゥオモの側面 横側
▲美術館の入り口から見たドゥオモ

普段は美術館のエレベーターが使えるようなのですが、この日は使えなかったのでスロープを登って上階へあがりました。

 

ドゥオモが見える絶景レストラン

お店の名前はGiacomo Arengario(ジャコモ・アレンガリオ)

人気のシーフードレストランです。

ここのリストランテはただ料理が美味しいだけでなく、ドゥオモが目の前に見えるというこのロケーションが有名。

ドゥオモが見えるレストラン イタリア ミラノ

もちろんドゥオモ側の窓際席を予約( ^_^)/

絶景ですな。

テラス席は屋外かと思っていましたが、全面ガラス張りになっていて『テラス席型の屋内席』なので全然寒くないです。

ジャコモ アレンガリオの店内 イタリア ミラノ

ドゥオモ側の窓側席は私たちの席を含めて5席。全席予約で埋まっていました。

私たちが入店したのは13時でこの時はまだ誰もいなかったのですが、30分もすると満席になりました。

イタリアもランチタイムがちょっと遅めみたいですね。

ミラノのドゥオモが見えるレストラン

一先ず乾杯。ランチなのでスッキリしたシャルドネにしました。シーフードレストランだし白ワインで。

それにしても素晴らしいロケーション。

ミラノの絶景レストラン ドゥオモ

こうやってゆっくり観てみると、ドゥオモ全体の大きさよりも細部の造りに驚かされます。

普通の柱だと思っていたものが人の形をした像だったり。左右線対称だと思っていたらよく見ると微妙に違うし。

レストランのウエイターは紳士的でとても好印象でした。服装もしっかりしていて ザ・イタリア!っていう感じで格好良い。

まだお店が空いていたのでたくさん写真を撮ってくれました( ^_^)/

ミラノのおすすめレストラン ブログ

余談ですが、私はレストランで写真を撮ってもらいたい時はお店が混み出す時間帯より前に入店するようにしています。

ふとドゥオモの目の前にある広場の方を見てみると観光客で賑わっていました。

ミラノのドゥオモ広場

そうですこの日はクリスマスイブ。

ドゥオモ広場には大きなクリスマスツリーが飾られるので、この時期は普段以上に観光客が多いです。

こちらは無料でサーブされるパン。

ミラノのレストランのパン 美味しい

パンというよりクラッカー?

ラスクみたいなものもありました。

薄めの塩味で美味しい。これだけでワイン5杯くらい飲めそう。

 

シーフードが美味しい

ミラノのシーフードレストラン

ジャコモアレンガリオはシーフードレストランなので、前菜にセビーチェ(Ceviche de pulpo)を頼んでみました。

セビーチェとは南米の料理で、ちょっと辛いマリネのこと。

普通は唐辛子で辛さを出しているのですが、ここはアボカド山葵にしていました。すごく美味しい。

こちらは取り分ける前の写真。

ミラノのシーフードが美味しいレストラン ブログ

というか取り分け中の写真。笑

写真撮ろうと思った時にはもうすごい勢いで取り分けられていました。

 

白トリュフのリゾット

イタリア ミラノ 白トリュフ

私が今回のイタリア旅行で楽しみにしていたのはこれ。白トリュフ

白トリュフとはトリュフの中でも最も希少価値が高いと言われており、決まった時期にしか獲れないそう。

せっかくの冬のイタリア旅行なら食べてみたいなあと思っていました。

時期的にクリスマスだともう食べられないかも?と思っていましたが、運良く(?)メニューにあったので迷わず注文。

ミラノのリゾットが美味しいレストラン

注文したのは白トリュフのリゾット

ウエイターが目の前で白トリュフを削ってくれます。

イタリアの白トリュフ レストラン

削った瞬間からすごくいい香りがふわぁ〜っと広がります。もう幸せ。

ミラノ 白トリュフのリゾットがすごく美味しい

いうまでもなく絶品でした。香りが鼻に抜けて鼻まで美味しい。なんてあほな文面w

ミラノの白トリュフのメニュー 料金

白トリュフを使ったメニューは全部で4種類ありました。

白トリュフの値段に夫は悲鳴( ^_^)/

卵と白トリュフ:60€
牛肉のタルタルと白トリュフ:75€
白トリュフのパスタ:60€
白トリュフのリゾット:60€

一生に何度行けるかも分からないイタリア旅行で、滅多に食べることが出来ない白トリュフに運良く出会えたなら絶対食べた方がいいよ。と私は思います。

 

パスタもおすすめ

ミラノのパスタが美味しいレストラン

イタリアといえばやっぱりパスタ。

おすすめのパスタはどれ?と店員さんに聞いたらTAGLI AL RAGU ROSSOカルボナーラと教えてもらいました。

カルボナーラは前日にミラノのパスタの名店で食べていたので、今回はTAGLI AL RAGU ROSSOを注文。

日本でいうボロネーゼに近いかな?すごく美味しい。とにかく本当に美味しい。

 

最後はデザートワインで

イタリア ミラノ デザートワイン

イタリアは食前酒や普通のワインも美味しいけど、デザートワインも美味しいので甘いものが好きな方はぜひ。

もうお腹いっぱいでデザートは食べられないけど甘いものが欲しいなって時にも◎。

うちは主人が甘党なので、注文する時は「このお店で一番甘いデザートワインをください」と頼みます。

今回出てきたデザートワインは水飴かと思うくらい激甘でした。主人は美味しそうに飲んでいたので、甘党の方は好きかも。

 

ディナータイムも綺麗

夜のドゥオモ観光 ブログ 旅行記

ランチタイムもおすすめですが、ディナータイムもまた違った美しさがあります。

ライトアップされたドゥオモはとても幻想的。クリスマスシーズンは更に綺麗です。

ディナータイムに行く予定の方はドレスコードにも気をつけてくださいね。

 

料金とチップ

ミラノのドゥオモ付近のBar
▲ジャコモアレンガリオのBarカウンター

料金は二人で162ユーロでした。

フードやドリンクの料金の他に、イタリア語でCoperto(コペルト)というテーブルチャージが10ユーロ含まれています。

ミラノ クリスマスケーキ レストラン
▲店内にあったクリスマスケーキ(たぶん本物)

それとイタリアはチップ文化なのでチップを忘れずに。リストランテでの目安は食事代の10%くらい。

良くしてくれたウエイターに帰り際に渡すといいですよ。

複数のウエイターがサーブしてくれた場合はテーブルに置いて帰ればOK。

手持ちの現金がない場合は、クレジットカードでの支払いの際にチップ料金を足して払っても大丈夫です。

予約・アクセス

店名:Giacomo Arengario
(ジャコモ・アレンガリオ)

住所:Via Guglielmo Marconi 1

営業時間:12時〜深夜0時

クレジットカード:Master・VISA・JCB・AMEX

予約:こちら(日本語)

おわりに

景色も料理も最高のレストランでした!

ミラノって世界一料理が美味しいかも?間違いなくトップ3には入るね。

そんなミラノで、美味しい料理を食べながらミラノらしい眺めを堪能できて嬉しいです( ^_^)/~~~

ミラノを訪れる方はぜひ🌸