TIPS

罰金や逮捕・・命取りになる事も!【海外でやってはいけない10の事】旅行の注意点

  • LINEで送る

 

日本人にとっては普通の事でも、

海外でやってしまうと命取りになる事も・・

 

海外旅行へ行くなら絶対に知っておいた方が良い

海外でやってはいけない事

まとめてみました!

スポンサーリンク

挙手は禁止 [ドイツ]

ナチスを連想させる為、ドイツでは公共の場で挙手は厳禁。

自分の意見を言う時は人差し指を立てます。

引用:twitter

タクシーを止める時についやってしまいそうですが、それもだめだそうですよ!

相手を馬鹿にしていると捉える国もあるので、気をつけて下さい。

ガムを持っていたら罰金 [シンガポール]

初めてシンガポールを訪れた時に一番びっくりした事。

シンガポールにガムを持ち込むと捕まる😱

公共の場にガムをくっつけるイタズラが多かった事からこの法律が出来たそうです。

電車内で飲食をしたら罰金という決まりもあるので要注意。

ちなみに、公共物汚染・芸術文化を壊したりしたらむち打ちの刑だそうです。

むち打ちの刑・・😱

横断歩道ではない所を渡ったら罰金 [ハワイ]

以外と法律が厳しいハワイ。

これって本当に捕まるの?とよく聞かれるのですが

私がハワイに住んでいた頃、目の前でポリスに捕まった人を何人も見ましたw

観光客だと見逃してもらえる事もあるそうですが、罰金を払っている人も実際に結構いるので横断歩道以外の所は渡らない方が良いですよ!

海外でやってはいけない事 ハワイのルール

最近では歩きスマホも禁止になった事で話題になりましたよね。

ハワイのルールは意外と厳しい!

歩きスマホは罰金!住んでみて知った、意外と厳しい《ハワイのルール》7つ まとめ」を参考にして下さいね。

黒人の前で「苦い」と言う

苦いコーヒーを飲んだりしたら、思わず「苦!」っと言ってしまう事もありそうですが。。

海外でやってはいけない事 コーヒーを苦いと言う

黒人の蔑称として用いられるスラング「nigger(ニガー)」という言葉があり、この言葉に敏感な人も多いのでそう聞こえてしまう事も多いそう。

誤解から喧嘩になったりする事もあるそうなので、海外では言わないように気をつけた方が良いです。

左手を使わない [イスラム圏]

左手は不浄の手の意があるので、食べ物を食べる時やお金払う時、他人から物を受け取る時には使わないように注意。

左手はトイレでお尻を拭く時に使います。

国によっては右手で食べ物を食べ、左手で飲み物を飲むのもOKな所もあり

明確な基準は地域によって異なるそうなのですが、使わないよう気をつけている方が無難です。

「おいでおいで」のポーズは真逆の意味

手の甲を向けてヒラヒラと動かす手招きのジェスチャーは、日本では「おいで」の意味ですが

欧米では真逆で、「あっち行け」という意味になります。

相手がこのジェスチャーをしたら、受け入れられていないという事なのであまり近寄らない方が良いです。

無意識に他人に対してやらないようにも気を付けましょう。

人差し指と親指でOを作るOKサインはだめ!

日本ではOKの意味でよく使われるこのサイン👌ですが、

フランスやブラジル、ベネズエラ、トルコでは性的な意味があったり相手を侮辱するような行為になります。

思わぬトラブルになる危険もあるので注意が必要です。

ドイツではお尻の穴を意味するジェスチャーで、警察官の前でやると罰金だそう。

ちなみに親指を立てたGood!のポーズ👍も、中東やギリシャ・イタリアの一部では侮辱の意味があります。

スポンサーリンク

裏ピースは性的侮辱 [イギリス]

日本でも一時期流行ったピースを裏にしたポーズは、イギリスでは性的侮辱の意味。

たまにロックバンドなどがわざとこのポーズを使ったり、このポーズのサインを起用したりしていますが、あまりいい意味ではないので注意。

日本人でも今はもうあまりやらないと思いますが😏

子供の頭を撫でてはいけない

日本で可愛い子供を見かけたらついやってしまいそうですが。。

イスラム圏の国やヒンドゥー教の国では、子供の頭を撫でるのはだめです。

その理由は国や宗教によっても異なるのですが、精霊が宿っていると考えられていたり

不幸が訪れる、子供の成長を妨げるからだめ、という地域もあるようです。

マレーシアやタイ、インド、ミャンマーなど日本人もよく訪れる国も多いのでアジア旅行でも注意が必要です。

電車の中で寝るのは危険

日本に来た外国人観光客が驚く事の一つに、「電車の中で寝る人が普通にいる事」を挙げる人が多いですね。

日本では当たり前のような光景ですが、治安が良いからこそ出来る事なのだと改めて気づかされます。

海外の電車で寝る事は、地域によっては「強盗してください」と言っているようなもの。

私は海外の電車が好きでよく乗ります。

実際そこまで危険だと感じた事はないですが、パリはやはり断トツで治安が悪かったです。

 

 

おわりに

これだけ読むと、海外旅行って怖い・・

っと思ってしまう方も多いかもしれませんが。

どれもちょこっと気を付ければいい事ばかりです。

 

一言に「海外」といっても、国によって文化もやってはいけない事も全く異なるので

旅行する国の事を事前によく調べておく事をおすすめします✨

 

今は日本にも外国人観光客の方は多いので、普段から気をつけておいても損はないと思います😏✨

 

*その他の海外でのトラブル編*

・海外でスリ・盗難・スキミングに遭ったら?実体験に基づく《やるべき事まとめ》(チェコ)

タクシー運転手が道を間違えて帰りの飛行機に乗り遅れた(台湾)

住んでいる家にゴーストが出てお坊さんに除霊してもらう(ハワイ)

突然のストライキで帰りの空港へ向かう電車が運休(ロンドン)

渡航先で台風直撃(台湾)

・電車の切符を買おうとしたら詐欺に遭う(パリ)

・入国審査で麻薬の密売人と疑われる(グアム)

部屋中にベッドバグ発生(ハワイ)

電車にスマホを忘れる(イタリア)

 
   
 
ライザップイングリッシュ
ホテルレストランCafeBarビジネスクラス服装&持ち物海外ディズニー
ビーチリゾートアクティビティお土産海外生活旅中のトラブルお得な情報コラム