イギリス

イギリス料理は世界一まずいって本当?ロンドン旅行の食事とおすすめグルメ

  • LINEで送る

イギリスの食事は世界一まずい” とよく言いますが、本当にまずいのかって話。

実際イギリスに行ってみた結果・・

イギリス料理は不味い

やっぱりイギリス料理はまずい。

申し訳ないけどお世辞にも美味しいとは言えないものが多かった・・( ̄▽ ̄)

ただし何もかも全てまずいという訳ではなくて、中級〜下級の価格帯の食べ物が極端にまずい。

高級レストランなどでの食事は抜群に美味しいけど、例えば日本でいうファミレスとか居酒屋あたりのクラスの料理が私はあまり食べられなかったです。

日本ってどんな価格帯の料理でもちゃんと美味しくてすごいな。と再確認した旅でもありました。

ロンドン旅行 美味しいご飯とおすすめレストラン

私は友人と二人でロンドン旅行へ行ったのですが、友人はイギリス料理がほとんど食べられずにホテルの部屋で日本から持ってきたカップラーメンを食べていました‥

ちなみに私は好き嫌いが一切ありません。今まで生きてきた中で食べられなかったものは片手で足りるくらい。

それでも食べられない料理がイギリスにはありました( ̄▽ ̄)笑

スポンサーリンク

ミートパイがやばいw

とにかく私の中で《これはやばい・・》と思ったのがミートパイ。笑

ミートパイはイギリスの伝統料理で、ヨーロッパ各国で食べられています。

でもイギリスのミートパイはなんかちょっと他と違うような・・

イギリス料理はまずい ロンドン旅行の食事

ナイフとフォークでミートパイを切り開いて食べるんだけど、ミートパイを開いた時の謎の臭さ(?)に驚いて一回切ったものを閉じたくらい。笑

一口食べてみたけど、食べてみても何の肉なのかわからない。

とりあえずくさい。笑

パイの中にくさいのが凝縮されてる。。

 

 

付け合せは大量のポテトと、さらに大量のグリーンピースのみ( ̄▽ ̄)

出てきた瞬間なんか全体的に茶色いな〜って思ったw

味も見た目も悪ければ、栄養バランスなんて考えられたものじゃない。笑

 

ロンドンは常に天気が悪いが故に鬱の人が多いといいますが、こういうものを食べているから鬱になるんじゃ‥

いや鬱の人が多いからこういう料理が出てくるのかな‥とか余計な事を考えてしまいました。笑

とにかく色々衝撃だったイギリスのミートパイ。

ロンドン旅行は私にとって初めてのヨーロッパ旅行で、初めて口にしたのはこのミートパイでした。笑

 

フィッシュアンドチップス

イギリスの名物といえばフィッシュアンドチップス

イギリスの料理はまずい? フィッシュアンドチップス

フィッシュアンドチップスも美味しくないと言われていますが。。

これは私はまずくはないと思いました。

まずくないけど、すごく美味しくもない。普通。w

そもそもすごく美味しいフィッシュアンドチップスなんて今まで食べた事がない。笑

イギリス料理は下処理をしない事が多いそうなので、使用している魚の種類によってはかなり臭みがある事もあるらしいです。

スポンサーリンク

イギリス料理がまずい理由

イギリスの料理はまずいまずいと言うけど、なんでまずいのか・・( ̄ー ̄ )

 

①食に無関心

やっぱりなんだかんだイギリス人は食に無関心というか、”美食” というものに興味がないように感じます。

美味しいものを作ろうとする人たちは、「どうやったら美味しくなるか?」という事を考えて料理する。

でもイギリス人にはそういう考えがあんまりないらしい。

食べる事ができればとりあえずOK!みたいな・・笑

 

②肉や魚は火が通ってればオッケー

お肉を柔らかく焼いたり、魚の旨味を活かしたりというのはお構いなしで、とりあえず火を通せばOK!

食べられればOK!らしい。

料理基準は『美味しい・不味い』ではなくて、『食べれる・食べれない』なんですねきっと。

それはそれでそういう生き方もあると思うし、シンプルな考え方で結構好き。

 

③味付けは塩があればオッケー

様々な調味料を使って味付けをしたり、スパイスを入れたり、隠し味を入れたり・・

イギリスではそんな事はしない。

味付け?塩!以上!

って感じなんだろうな。

正直私はハワイの料理などもあまり美味しいと思った事がないけど、素材が良くないなりにガーリックとかでちゃんと誤魔化してるし。笑

たぶん塩だけで美味しいのは素材が良いものだけなんだと思う。

この記事を書いてて気がついたけど、イギリス料理は不味い以前に素材が悪いのかもしれないですな。

 

④料理の下処理をしない

イギリス人はお肉やお魚を調理する時に臭みを取ったり、予め下味を付けておく事をしないらしい。

これがきっとミートパイの臭さの原因なんだろうな。

野菜を水にさらすとかも多分しない。

これいつ切った野菜だよ!?っていうのが普通に出てくる。笑

料理の下処理って意外と重要ですよね。

スポンサーリンク

美味しいイギリス料理もある

これだけまずいまずいと言われているイギリス料理ですが、不味くないものもちゃんとあります。

イギリス料理のおすすめはこの3つ。

 

ローストビーフ

やっぱりイギリスといえば、おすすめは

ローストビーフ!

イギリスの美味しいおすすめ料理 ローストビーフ

ローストビーフは実はイギリス発祥の料理で、伝統的なイギリス料理です。

ローストビーフは本当に美味しい。

イギリスを訪れたら絶対に一度は食べた方がいいです。

ちなみにイギリスでは、ローストビーフは日曜日のランチに食べる『SundayRoast』が主流だそう。

イングランドの中流階級の使用人は昼食を主要な食事(dinner)としていた事から『Sunday dinner』とも呼ばれています。

 

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーもおすすめ。

アフタヌーンティーはイギリス発祥のお茶の文化で、紅茶と一緒にお菓子や軽食をいただくもの。

イギリスのおすすめ料理 アフタヌーンティー

元々は上流階級の間で広まっていた習慣で、夜19〜21時頃にオペラ鑑賞をする前の腹ごしらえとされていたもの。

今では階級にかかわらず一般的に親しまれています。

食べ方の順番のマナーは、

①サンドイッチなどのしょっぱいもの
②スコーンやマカロンなど
③ケーキなどのデザート類

 

だいたいの場合は上から順番に食べていけばOKです。

アフタヌーンティーの楽しみ方はお茶やお菓子ただいただくだけでなく、内装や食器・テーブルコーディネートやお花などを

ですので、今はどんなお店でもアフタヌーンティーを楽しむ事ができますが、

やっぱりイギリスを訪れるなら高級ホテルのティールームなどで本場のアフタヌーンティーを楽しんでみるのがおすすめです。

ロンドンのアフタヌーンティー

 

サンドイッチ

あと個人的におすすめしたいのは

サンドイッチ

イギリスの美味しい料理 サンドイッチ クラブサンド

Photo:www.dad.info

サンドイッチだけはどこのお店で食べてもだいたい美味しくて、ロンドン旅行の後半戦はほとんどサンドイッチばっかり食べていました。笑

中でもパンの外側を少し焼いたものが美味しいです。

サンドイッチもイギリス発祥の食べ物。

18世紀頃に賭け事が大好きなサンドイッチ伯爵が、賭け事をしながらご飯を食べられるようにパンに具材を挟んで食べ始めたのが始まり( ´ ▽ ` )

クラブサンド』と呼ばれる事もありますが、これはアメリカ・ニューヨークにあるカジノサラトガクラブ(Saratoga Club)が後々流行らせた名称です。

おすすめレストラン

いくらイギリスといえど、1人1万円以上はするレストランへいけばすごく美味しい料理を食べる事ができますよ。

私たちの場合は「最終日はちゃんといいレストランでローストビーフを食べよう」と決めていたので、

最終日のディナーはきちんと日本から事前に予約していきました。

 

 

私たちが訪れたのはSimpson’s in the Strandというレストラン。

テムズ川の近くにあって、ロンドン橋を観光してから歩いていきました。

イギリス ロンドン ローストビーフが美味しいレストラン

Photo:youtube.com

店内があまりに高級感漂っていて、写真撮る勇気もなかった私。笑

細部まですごく綺麗で結婚式場の披露宴会場かと思いました。

ここのローストビーフが本当に美味しいのでおすすめ。

 

 

イギリス旅行中は連日まずい料理ばかり食べていたのもあり・・笑

最終日のローストビーフは本当に美味しかった( ´ ▽ ` )

ワインも付け合せのマッシュポテトも西洋わさびも何もかも美味しかった。

あえて美味しくない料理を毎日食べ続け、最終日だけは美味しいものを食べるっていうのもおすすめかもしれないです。笑

おわりに

イギリス料理はまずいかと聞かれたら、すごく美味しいものもあればすごくまずいものもある。と答えます。笑

美味しいものを食べられるかどうかは、予算によって変わってもくるかと思います。

イギリス旅行では食をメインの楽しみにはしないというのは鉄則かもしれないけど、ロンドンには観光スポットが多くあり十分すぎるくらい楽しめて満足でした!

 

グルメよりも、私はハリーポッターで有名なキングズ・クロス駅にある 9と4分の3番線が工事中だった事がちょびっとショックでした笑

代わりに簡易的なフォトスポットが駅の端っこにあるだけ笑

まあでもそれも含めて楽しい思い出☺️

楽しいイギリス旅行を🌸