モルディブ

アナンタラディグの朝食ビュッフェ。モルディブ旅行記ブログ〜フシカフェ

  • LINEで送る
モルディブ アナンタラディグの朝食

今回のモルディブ旅行で宿泊したのはタイ系リゾートのアナンタラ(Ananntara)。

アナンタラ内には3つのリゾートがあり、私たちが宿泊したのはその中の

アナンタラ・ヴェリ(Veli)
アナンタラ・ディグ(Dhigu)

という2つのリゾートです。

モルディブ おすすめのホテル

ヴェリは18歳未満は宿泊できない大人向けリゾートで、ディグは小さな子供連れも多いファミリー向けリゾート。同じアナンタラでも雰囲気がかなり違います。

今回はファミリー向けリゾートアナンタラディグの朝食ビュッフェについて🌸

アナンタラ ディグの朝食

モルディブはよく食事が不味いと言われていますが‥

アナンタラは美味しいです。タイ系ホテルはやっぱり食事に外れがない。

そこがアナンタラを選んだポイント!

FUSHI CAFE

モルディブ アナンタラディグのフシカフェ

アナンタラディグの朝食会場はこちら。船着場の近くにあるFUSHI CAFE(フシ カフェ)

朝は朝食会場で、夕方〜夜はビュッフェ形式のレストランになります。

モルディブ アナンタラディグのフシカフェ

朝食の時間は朝7時〜10時まで。

朝早い時間に行ってみたら海側の席が空いていたので、この席をリクエストしました。

モルディブ アナンタラディグのFUSHI CAFE

店内はかなり広いので席数も多いですが、海が見えるのはエントランス付近の2〜3席だけ。

風通しが良く海風が気持ち良い◎

 

ビュッフェメニュー

モルディブ アナンタラディグの朝食ビュッフェ

食事メニューはレストラン中央にある屋内のエリアに用意されています。

屋内エリアの入り口には自動ドアがあるので虫がほとんど入ってこないし、室温も一定に保たれていて衛生的。

鍋に入ったものはIHで温められていて、常に温かい状態のものが食べられます。

モルディブ アナンタラディグの朝食 カレー

カレーが3種類あって、モルディブの名物であるツナカレーがすごく美味しかった!

アナンタラのカレー本当美味しい。モルディブ滞在中はこれまでになくらいカレーばっかり食べていました。

こちらはパンとマフィン。

アナンタラディグの朝食メニュー

アナンタラヴェリとアナンタラディグは客層が違うので、朝食ビュッフェのメニューも違います。

ここアナンタラディグは小さい子供も好きそうなメニューが多め。

サラダもありましたが、モルディブ滞在中はあまり食べないようにしていました。

モルディブの食事 生野菜やサラダは注意

モルディブは水道水があまり衛生的ではないと言われていて、野菜やフルーツで食あたりになる人もいるそう(水道水で洗っているため)。

そのためモルディブのホテルでは、歯磨きの時に水道水を使わないようにミネラルウォーターのペットボトルが水道横に置いてあります。

水を少しでも口に含んだだけであたる人もいるとか・・

モルディブ アナンタラディグの朝食メニュ

ドレッシングも色々と種類がありました。無性にサラダが食べたくなったけど我慢。

最後の方は普通にちょこっとフルーツを食べたり水道水を使ったりしたけど大丈夫だったので、平気な時は平気かも?

お腹が弱い方は絶対避けた方が良いです。

モルディブ アナンタラディグの朝ご飯

モルディブは欧州からの旅行者が多いので、ハムやチーズの種類も豊富。

モルディブ アナンタラディグ チーズ 朝食

ヨーロッパのホテルの朝食みたい。

下の写真の左がチーズの天ぷら。上にのっている緑色のものはスイートバジルの天ぷらです。これすごく美味しい。

モルディブの天ぷら

横には各国の調味料が用意されていて、キッコーマンの醤油もありました。

アナンタラは日本食メニューも結構あります。ちなみにアナンタラヴェリには和食レストランもあります。

モルディブで揚げ物.jpg

右は焼きトマト。モルディブ滞在中は生野菜を食べないようにしていたけど、やっぱり野菜は食べたいので焼きトマトをたくさん食べていました。

小さい子供が喜びそうな可愛いスイーツも用意されていました。

モルディブ 子供用 朝ご飯メニュー キッズ

マシュマロとカップケーキかな?

アナンタラディグは子供連れファミリーも多いので、キッズメニューもあります。

ドリンクコーナーは屋外エリア。

モルディブ アナンタラディグの朝食 ドリンク

生絞りオレンジジュースやミックスフルーツジュース、スイカジュースなど南国らしい飲み物が揃っています。

朝早めに行くと濃厚で美味しい。

他にはミネラルウォーターやレモン水、牛乳などもあります。

こちらは目の前でシェフが卵料理を作ってくれるコーナー。

モルディブ アナンタラディグのブレックファスト

スクランブルエッグやオムレツ、ポーチドエッグなど好きな料理方法を選べます。(中身の具材も選べます)

料理が出来上がったら席まで運んでくれるので、席番号を伝えてくださいね。

席番号は最初に席に案内される時にスタッフが教えてくれるので忘れないように。

私たちの席はテーブルNo.21だったのに、主人が「No.25」と伝えて帰ってきましたがちゃんとテーブルに届きました。

席番号を忘れても顔の印象が強ければたぶん大丈夫(笑)

モルディブ アナンタラディグのオムレツ

こちらはオムレツ。具材は全部入れ。

美味しかったです。

余談ですが、私は適当人間なのでビュッフェに行くといつもお皿が大変な事になってしまいます・・・

モルディブでの朝食 ビュッフェ ブログ

平らなお皿にカレーを注いだので、生サーモンなども全てカレー風味になってしまいました。笑

よく見たらカレー用に深めのお皿も用意されていたのでそちらを使うと良いかも。

モルディブ 海沿いで朝食 テラス席

それにしても、リゾートの朝ご飯って最高だよね( ^_^)/

のんびり起きて、朝ご飯を食べながら「今日何する〜?」って話してる時間がすごく贅沢だなあと思います。

食後のコーヒーや紅茶は、席に案内される時にスタッフが聞いてくれて料理を取りに行っている間に持ってきてくれます。

モルディブ アナンタラディグの朝食

コーヒーとハーブティーが2種類あったので、カモミールティーを頼みました。

店内には日本人の子連れファミリーも数組いて、日本人の方にはスタッフが「オハヨゴザイマス〜」と一生懸命話しかけていて微笑ましい光景でした。

 

 

ところでなんで私たちは日本語で話しかけられないんだよ・・・

ナマステ〜じゃないよww

おわりに

モルディブは食事が美味しくないと言われていますが、そんな事はなくちゃんと美味しかったです。

特にカレーが美味しい。

あと、個人的にはアナンタラヴェリよりアナンタラディグの方が美味しいなと感じました。

アナンタラは5分おきにフェリーが出ていて、アナンタラ内の他のリゾートへ簡単に行けるので好きなレストランへいつでも行けるのが嬉しい所( ^_^)/

アナンタラについてまた書きますね。

では🌸