TIPS

電車の切符を買おうとしたら詐欺に遭った話 -パリの地下鉄は治安と乗り方に注意

  • LINEで送る
 

これは今年のGWの話。

まだ記憶に新しい・・

 

今回のパリ旅行はテロの心配ばかりしていたのですが、二人してこんな初歩的なミスをしてしまいました( ;´Д`)笑

これから同じ被害に遭う方が減るように書き留めておきます。

パリ以外でもよくある詐欺だそうなので、海外へ行く方は要注意です!

地下鉄での切符詐欺

その日はパリのディズニーランドへ行こうとしていて、市内からは地下鉄で行った方が早いので駅で切符を買おうとしました。

パリの地下鉄のシステムは結構複雑で、乗り越し精算もできない。

駅員さんがいなくて、こういった機械が1台置かれているだけの所も多いです。

パリの地下鉄 自動券売機での切符の買い方 

真ん中のシルバーの部分をくるくる回して選択して、緑ボタンが決定赤ボタンがキャンセルです。

※このタイプは現金での支払いが出来ず、クレジットカードしか使えません。

スポンサーリンク

切符の種類もたくさんある上に最初は使い方がよくわからなくて、戸惑っていたら後ろから声を掛けてきた人がいました(←この人が詐欺師

 

 

言い訳ではないんですけど(言い訳ですけど)

私は英語が分かるようになってから、日本の駅で切符を買う時に困っている外国人がいたら自分から話しかけて切符の買い方を教えてあげるようにしていたので

今考えると絶対に警戒するべきだったと思うけど、その時は全く不審に思っていなかった・・

 

 

 

詐欺の手口はというと、

詐欺師がディズニーランドへの切符ZONE5:片道約920円)を買うボタンを押す

→詐欺師のクレジットカードで払う

→私たちはその代金を現金で返す

→ここで購入した切符をきちんと受け取っていれば問題はなかったんですけど、この時に違う切符カルネ:片道約190円)にすり替えられていた

 

ZONE5の切符とカルネの違いは旅行者には一見よくわからず(ZONE5はディズニーランドに行く時くらいしか買わないので見た事もなかった)、

気づかずに改札を通り、電車に乗りました。

 

 

この詐欺師は私たちを改札まで見送ってくれて(私たちが電車に乗ってしまえば逃げられるからだと思う)

改札を通る手前で、小学生くらいの女の子に「私もディズニーランドに行くの」と話しかけられて一緒にホーム階へ降りた(多分この子もグルだった)

 

 

電車に乗って数分してから、なんか所々おかしくない・・?( ;´Д`)

と思い始め(気づくの遅すぎ

この切符は本当にディズニーランド行きのものかな?

と思って、ZONE5の切符をネットで検索・・しても全然でてこなくて。

カルネにすり替えられた事に気がついたのは、電車に乗ってから15分後くらいでした。

 

パリの地下鉄は乗り越し精算ができないので、先ほどの切符を買った駅まで戻ってまた切符を買い直さなくてはならず・・・( i _ i )

しかも特急に乗っていたので、すぐに降りる事もできず。

ミッキーまであと1歩の所でUターンする悲しさ・・( i _ i )

さっきの駅まで戻って切符を買い直して、再びディズニーランドへ向かいました。

ロスタイムは1時間以上。

 

皆様!これがZONE5の切符ですよ!

パリの地下鉄  ZONE5の切符 ディズニーランド行き

 

 

詐欺師の見分け方

何が難しいって、切符を買う時に戸惑っていると声を掛けてくれる人の中には本当に優しい人もいる事( i _ i )

実際私たちがパリに滞在中、券売機の前で声を掛けてくれたのは親切な方2人・詐欺師1人でした。

 

 

親切な2人が声を掛けてくれたのは、この詐欺に遭った後の事だったので

私は『パリは危険な人が多いんだ!』とばかり思っていて、この2人の事を無視してしまった。。本当に謝りたい。。

(一緒にいた彼の方はちゃんと対応していたので、親切な人だと分かりました)

きっと全員が全員が悪い人ではないので、見極めてください。難しいけど。

スポンサーリンク

どう見極めるのかと言ったら、こんな事をしたらいけないのは分かっているけど、やっぱり “見た目” で判断するしかないのかもしれない。。

親切な人たちと詐欺師では、見た目の清潔感が全く違った。

人を見た目で判断してはいけないと思うけど、初対面の人の判断材料ってやっぱりそこしかないのかもしれないですね。

 

 

私達が会った詐欺師は見た目は清潔感はないけど普通によくいる感じの人で、でもちょっと獣みたいな匂いがしてた。

詐欺に気づく前は「あの人くさいけど、いい人だったね!」って言ってた(超失礼

 

まあ実際、ただのくさい嫌な人だったけどwwww

移民が多いパリ

今回遭った詐欺では、移民が多いパリでの貧富の差に直面したような気分でした。

この切符詐欺をした所で、リスクが大きいのに利益なんて1400円くらいで、二人グルならその半分で(もしかすると家族だったのかも)

 

ここまでしないと生きていけない層と、高級ホテルや高級ブランドショップを利用する層とが混在しているのがパリ。

移民問題は深刻ですね・・

 

今回は少額の被害で済みましたが、ヨーロッパではスリやスキミングの被害も多いのでそちらにも十分に注意して下さい。

海外でスリ・盗難・スキミングに遭ったら?実体験に基づく《やるべき事まとめ》

 

今回のパリ旅行はテロの心配ばかりしていたのですが、「スリや詐欺に遭わないように注意した方がいいよ」というアドバイスは本当にその通りでした。

日本人は特に狙われやすいので、気をつけて旅行を楽しんで下さい( ^_^)/~~~

 

*その他の海外旅行トラブルはこちら*

・海外でスリ・盗難・スキミングに遭ったら?実体験に基づく《やるべき事まとめ》(チェコ)

イギリスでスリに遭いかけた-驚愕の手口(ロンドン)

タクシーの運転手が道を間違えて帰りの飛行機に乗り遅れた(台湾)

住んでいる家にゴーストが出てお坊さんに除霊してもらう(ハワイ)

突然のストライキで帰りの空港へ向かう電車が運休(ロンドン)

渡航先で台風直撃(台湾)

部屋中にベッドバグ発生(ハワイ)

電車にスマホを忘れる(イタリア)

入国審査で別室に呼ばれ入国拒否になりかける(グアム)

海外旅行を直前にキャンセル!キャンセル料はどれくらい掛かる?

 
ライザップイングリッシュ