イギリス

冬のヨーロッパ旅行の服装と防寒対策!実際の旅行記&注意事項をまとめたよ

  • LINEで送る

冬のヨーロッパ旅行って、服装に悩みますよね ( ;´Д`)

今回は冬の海外旅行でのおすすめの服装と、実際に冬にヨーロッパへ行った時の写真を載せたので参考までにどうぞ❄️

冬のヨーロッパでの服装

冬のヨーロッパといっても、北欧と南のエリアではまた気温も全く違いますが・・

冬 ヨーロッパ 服装

こんな感じの服装がおすすめ。

冬のヨーロッパって日本人からすると極寒のイメージがあって、北極へ行くのかっていうくらい重装備をする人も多いのですが・・(実際私もそうでした)

実際はそこまで寒すぎる訳ではなく、東京とあまり変わらないことも多いです。

重たい思いをしてこんなに洋服をたくさん持ってこなくてよかったなと現地で後悔したり、電車やバスの中が暑くて汗だくになったり(暑すぎて妹が一度体調不良になりましたw)

そんな経験から、実体験に基づく役に立つアドバイスをまとめます。

アウターはダウンが正解◎

冬のヨーロッパの服装 ダウン アウター

アウターは軽さ重視でコートよりもダウンジャケットを選ぶのが正解かと。

多少の雨や雪に対応できる素材&フードと襟付きのダウンがおすすめ。

スリ対策にもなる両側のポケットにチャックが付いているものがベストです。

やはり王道のモンクレールが最もおすすめ。ヨーロッパの市街観光なら中はカットソー一枚でOKなので荷物も減らせます。

ヒートテックがあれば大丈夫

冬の旅行ではとにかくヒートテックが大活躍します。我らがユニクロ( ^_^)/~~~

インナー、タイツ、靴下、カップ付きノースリーブ、、私は全てヒートテックで揃えています。

ただし新品のヒートテックを着ていくと空港の保安検査に引っかかる事があるので注意。すぐに通してもらえることもあれば、念入りに全身チェックされる時も(女性職員に全身みっっちり触られますw)

病院のMR検査の時はヒートテック着用禁止ですし、恐らくヒートテックの繊維の中に金属に似た何かが入っているのかと・・

足元はスノーブーツで

冬のヨーロッパ旅行での靴はスノーブーツがダントツおすすめ。

雪が降っても安心だし、多少の雨なら対応できるし、何より暖かい。

スノーブーツって実は意外と3時間くらいしか防水できないものも多いので、事前に防水スプレーをかけておいた方が◎。

スノーブーツはてっきり全部防水だと思ってました私。

冬のヨーロッパ旅行の持ち物

海外旅行での持ち物は海外旅行の持ち物リストの記事に詳しく書いていますが、冬の旅行であると便利なものはこちら。

ホッカイロ

冬の海外旅行の持ち物

やっぱりホッカイロは必需品。貼るタイプが便利ですね。

でも持って行きすぎには注意。ホッカイロって実はまとめて持つと結構重たいんですよね・・・

前回のヨーロッパ旅行ではリュックにホッカイロをたくさん入れたので肩が凝ってちょっと後悔しました。

カップ付きヒートテック

冬のヨーロッパ旅行 持ち物

冬の海外旅行にはヒートテックのカップ付きインナーがあると便利。

これがあれば下着を持っていかなくても大丈夫だし、暖かいし。

冬の寒さ対策って実はインナー選びがかなり重要ですよね。

手袋・マフラー・ニット帽

必要に応じて防寒対策グッズも準備しましょう。北欧旅行ならイヤーマフなどもあると耳が痛くならずに済むかと。

私は極力荷物を少なくしたい派なので防寒グッズは持って行きませんが(絶対どこかに忘れてくるから・・笑)、

この中であった方がいいと思うのは手袋。

寒い中デジカメで写真を撮っているといつも手が痛くなるので。。

ここから先は、実際冬にヨーロッパ旅行へ行った際の服装をエリア別にまとめます。

冬のドイツ旅行の服装

冬のドイツ旅行の服装 ミュンヘン
時期:2月初旬
訪れたエリア:ミュンヘン、フッセン

ドイツの現地人は全体的にシンプルでモノトーンの服好む人が多いですね。

黒のアウターに下はデニム。靴は黒のブーツなど。夏でも冬でも、こんな感じの方が多いです。

私たちが訪れたのは真冬の2月の初旬。

雪が積もるノイシュヴァンシュタイン城を一目見たくて、一番雪が降りやすい時期にミュンヘンへ行きました。

冬のドイツの服装 雪の中のヨーロッパ旅行 お城

冬のドイツはものすごく寒いんだろうと思って、ヒートテック数枚とホッカイロを大量に持って行ったのですが。。

ミュンヘンはドイツの中でも南に位置するので、意外とそこまで寒くはありませんでした。

東京の真冬と変わらないくらいかな?

冬のドイツ旅行の服装 ヨーロッパの防寒対策

ダウンの下に3枚くらい仕込めば全然寒くないです。雪が降ってきた時用にダウンも防水加工だと尚よし。

マフラーとか手袋もあった方が良いです。

私の場合は、こういう小物類はどこかに忘れてきたりするので・・笑

手袋付きのダウンを買いました。

手袋がダウンにくっ付いていて、隙間から手を出せます。

冬のヨーロッパ旅行 ダウンジャケット

便利だし可愛い( ´ ▽ ` )

足元は雪の時期ならやっぱりスノーブーツを履いた方が良いですよ。

お城までの道のりは、普段は麓の町からお城までシャトルバスが出ているのですが、雪の時期はバスも運休になるのでお城まで20〜30分歩く事になります。

冬のヨーロッパ旅行 靴はスノーブーツがおすすめ

道はコンクリートで塗装されているので歩きやすいですが、近道したり、お城を眺めようと雪山に登ったりすると(しなければいいんですがw)

結構雪の上を歩くので、やっぱりスノーブーツが正解。

冬のイギリス旅行の服装

冬のロンドン旅行の服装
時期:2月下旬
訪れたエリア:ロンドン

私たちがロンドンを訪れたのは2月の終わり。ちょうど卒業旅行シーズンでした。

イギリスはヨーロッパの中でも真ん中〜北よりに位置するので、やっぱり気温が低い。かなり寒かったです。

もうすぐ3月だというのに春の気配は全くなく、真冬の格好で観光しました。

冬のイギリス旅行の服装

ロンドンはいつも天気が悪いとはよく聞きますが(どんよりした天候が故に鬱病になる人も多いという)、

私たちが訪れた際も例外に漏れず6日中5日が曇りでした。(晴れたのは1日だけ)

晴れた日は結構暖かかったけど、曇りや雨の日はかなり寒かった・・

日本の冬の格好をしていたけどそれでも寒かったので、モコモコのパーカを買って旅行中はずっとそれを中に着ていました。

パラパラ雨が降る事も多かったので、フード付きの防水のダウンが良いと思います。

冬のオーストリア旅行の服装

冬のヨーロッパ旅行の服装 ダウンと防寒対策
時期:2月
訪れたエリア:ザルツブルク

オーストリアもドイツ同様暗めの色の服を好む人が多いようで、ファッション性というより防寒性重視の人が多かったです。

厚いアウターに、マフラーと帽子と手袋、足元はブーツっていうのが標準スタイル。

冬のヨーロッパ旅行の服装 オーストリア ザルツブルク

私たちがオーストリアのザルツブルクを訪れたのは2月の初め。滞在中は雪が降りました。(最後は大雪でした)

参考:ザルツブルク観光モデルコース

スノーブーツがあってやっぱり正解。

冬のオーストリア旅行の服装 マフラーとコート

海外では雨でも雪でも傘をささないで歩く人が多いですが、オーストリアも同様で大雪でもフードを被ってやり過ごす人が多かったです。

海外では結構珍しく(?)ザルツブルクの街中では傘が売られているのを見ましたが、実際にさしている人は観光客くらいでした。

ちなみに秋(10月下旬)にウィーンを旅行した時は、ダウンを着ている人もいればパーカーの人もいました。

秋のヨーロッパ旅行の服装

私はヒートテックにパーカーで丁度良かったかな。

冬のハンガリー旅行の服装

時期:10月下旬
訪れたエリア:ブダペスト

ハンガリーはヨーロッパの中でも割と暖かい方なのでそこまでの防寒対策は必要ありません。

ただし、やはり首都ブダペストを旅行するなら夜景を観に行く方も多いと思います。

夜は寒いですし、ドナウ川の夜景クルーズはすごく綺麗だったけどやはり寒かったのでばっちり寒さ対策を。

冬のハンガリー旅行 服装

クリスマスシーズンでも日中は結構暖かいです。天気にもよりますが。

もう一つハンガリー旅行の服装で気をつけたいのは、ブダペストには「世界一豪華なカフェ」や「世界一美しいマクドナルド」など綺麗な観光スポットが多いこと。

世界一豪華なカフェ ブダペスト

▲ブダペストの「世界一豪華なカフェ」

普段より気持ちおしゃれめというか、カジュアルすぎない格好の方がお店の雰囲気に合わせやすいと思います。

観光客も多いのでそこまで気にしすぎる必要はありませんがね。

冬のチェコ旅行の服装

冬のチェコ旅行での服装
時期:11月初旬
訪れたエリア:プラハ、チェスキークルムロフ

冬のチェコはとにかく寒い。周りの中欧の国々と比べて−5度は低いです。

私たちは中欧を周遊していたので同じ時期にいくつかの国を訪れましたが、チェコだけは防寒対策をばっちりにしました。

10月でも朝晩は1度前後になることも多く、寒いというより痛かったです。

秋冬のチェコ旅行 服装

▲世界一美しい街「チェスキークルムロフ」

ウルトラライトダウンが大活躍・・!

でも天気の良い日の日中は暖かいので、テラス席で食事しても寒くありません(お店にブランケットの用意もありました)

朝晩と昼間では気温差がかなりあるので、調節できる服装がおすすめです。

冬のヨーロッパ旅行 服装

チェコは秋でも厚着の人が多かったです。

冬のポーランド旅行の服装

冬 ポーランド旅行 服装
時期:11月初旬
訪れたエリア:ワルシャワ

ポーランドもヨーロッパの中では割と暖かい方ですね。日本の冬と同じくらいの格好で大丈夫かと。

11月初めのワルシャワはパーカーの下にヒートテック2枚で過ごせるくらいでした。足元はスノーブーツですが。

冬のポーランド旅行の服装

謎のモデルポーズは気にしないで下さいね。

ポーランド旅行も結構歩き回りますし、普段から履きなれた靴の方がおすすめ。

秋冬のワルシャワでの服装

広場にある野外のレストランのテラス席で夜に食事をしても寒くありませんでした(一応近くにストーブもありました)

おわりに

冬のヨーロッパは確かに寒いですが、東京も負けじと寒いのでそんなに気温差はないかなという印象です。

特に観光地であれば洋服屋さんは山ほどあるし、H&MやZARAなどのファストファッションブランドもそこら中にあるので

そこまで特別な防寒対策をして行かなくてもいいかなあ。というのが実際に冬のヨーロッパに何度か行ってみての感想です。

体感温度は人によって違いますし一概には言えませんが、日本と同じような防寒対策でも大丈夫だと思います。

ではでは⛄️

 
   
 
ライザップイングリッシュ
ホテルレストランCafeBarビジネスクラス服装&持ち物海外ディズニー
ビーチリゾートアクティビティお土産海外生活旅中のトラブルお得な情報コラム