TIPS

【0歳・1歳・2歳】子連れ海外旅行におすすめの国8選!赤ちゃん・乳幼児編

  • LINEで送る
赤ちゃん連れの海外旅行

今回は赤ちゃん連れのおすすめの海外旅行先【 0歳・1歳・2歳】編🌸

乳幼児連れの海外旅行については賛否両論ありますが‥。

何度か国内線に乗せてみて、ご両親が大丈夫だと判断したなら連れて行ってあげても良いのではないかと思います。
あくまで自己責任になりますが。

この記事では、

・日本からのフライト時間
・ANAやJAL直行便がある
・空港から市内への距離
・衛生面
・治安の良さ
・子供向けの施設がある

こんな点を重視して0〜2歳の赤ちゃんにおすすめの渡航先を選びました。

0歳児におすすめの海外旅行先

♦︎ グアム

グアム旅行

赤ちゃんの初めての海外旅行デビューにおすすめの旅先といえばやっぱりグアム

日本からのフライト時間は3時間半、時差も1時間と体力的な負担が少ない上
空港からリゾートエリアのホテルまでのアクセスが約15分と近いところも◎

サイパン グアム 子連れ海外旅行

グアムは年間を通して温暖な気候で、ベストシーズンは12月~5月と日本の冬にあたる時期。(7月~11月は旅行代金が安くなりますが、台風が多いので注意)

グアム 赤ちゃん連れ 海外旅行

グアムでの過ごし方はホテルのプールやビーチでのんびりするのがおすすめ。グアムにはキッズプールがあるホテルも多く、全体的に子供歓迎ムードなので子連れファミリーに優しいです。

ちなみにグアムに近いサイパンも人気ですが、 グアムはANA・JAL便があるのに対してサイパンへの直行便が出ているのはスカイマークのみ。個人的には赤ちゃん連れ旅行ならANAかJALの方がおすすめです。

 

♦︎ 台湾

鼎泰豊

こちらもフライト時間が3時間半と日本から近いのでおすすめの台湾

日本との時差は1時間、空港から市内の移動は松山空港からはタクシーで10分、桃園からは快速電車で35分です。

台湾は年間を通して比較的温暖な気候なので、一年中いつでも観光しやすい所も◎(ただし沖縄と同じように7月〜9月頃は台風が発生しやすいので注意)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lilly Kaohsiung,taiwanさん(@lillysixpic)がシェアした投稿

台湾の有名な観光スポットである九份は市内からのちょっと距離がある上、夜は観光客で混雑するので赤ちゃん連れでの旅行なら昼間に行くのがおすすめ。

台湾のホテルは日本に比べてリーズナブルなのに客室が広く、プールやジャグジーも充実している所が多いので、0歳児を連れての旅行ならゆっくりホテルでステイ+街中でグルメを楽しむのも◎

台湾料理 グルメ ブログ

台湾は料理が美味しく物価が安い。治安も良い。そして親日国。

また台湾は授乳室やベビールームが充実しているので、赤ちゃん連れでの旅行に優しいという声もあります。

0歳連れ海外のPoint

0歳児を連れての海外旅行は首が座った生後半年〜1歳未満で行く方が圧倒的に多いですが、まだ母体からの免疫がある生後半年未満に行く派の方も。

飛行機での移動の際は離乳食期の赤ちゃん(0〜1才)は機内食をベビーミールに変更でき、体重が10キロ以下の赤ちゃんは機内でベビーベッド(バシネット)を無料で利用できます。航空券の手配が済んだら早めに航空会社に問い合わせを。

子連れ海外旅行 ブログ

実際に0歳児とバンコクへ行ったライターさんの記事「赤ちゃん連れ海外旅行記」も参考にしてくださいね。

記事内では0歳児連れ海外旅行での持ち物やホテル選び、赤ちゃんの海外旅行保険についても詳しく書かれています。

1歳児におすすめの海外旅行先

♦︎ シンガポール

子連れ海外旅行に一番おすすめしたい旅先No. 1はシンガポール

衛生的、治安が良い、授乳室やベビールームが多く綺麗、子供向けの施設も多くとにかくファミリー旅行に最適。

日本からのフライト時間は7時間。空港から市内へはタクシーで30分、日本との時差は1時間です。シンガポールは年間を通して暖かく、一年中観光のベストシーズンというのも選びやすいポイント。

シンガポールにはナイトサファリUSS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)、セントーサ島でのアクティビティなど様々な観光スポットがあります。

中には1歳の子にはまだ早いかな?という施設もあるので、赤ちゃんの月齢や成長具合によって選んであげてくださいね。(リトルインディアなどは衛生的とは言えないので、できれば避けてくださいね)

近年ラグジュアリーホテルも増えているので、ホテルのプールなどでゆっくり過ごすのもおすすめ。

またシンガポールではオーガニックの離乳食がスーパーなどで簡単に手に入ります。シンガポールの高島屋では日本の離乳食も売られているので、離乳食期の子のママにはありがたいですね。

 

♦︎ ハワイ

ハワイ ワイキキ ブログ

同じく子連れ旅行に人気の旅先といえばハワイ。日本語OKの病院もあるし、赤ちゃん連れの日本人観光客も多いです。

日本からのフライト時間は8時間、空港からワイキキまではタクシーで約20分。時差が19時間(実質は5時間)あるのがちょっとネックですね。

ハワイ 子連れ旅行 赤ちゃん

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプール

1歳児連れのハワイ旅行なら、ワイキキでの滞在先はダントツでヒルトン・ハワイアン・ビレッジがおすすめ。

海沿いにある大きなプールは浅瀬なので小さい子供でも大丈夫。プールだけどちゃんと砂浜があるし、プールの水は海水なので海で遊ぶのが初めての子にも◎

ワイキキ以外ならアウラニ・ディズニーリゾート&スパがおすすめ。

ハワイ アウラニ ディズニー ミッキー

キッズ用のプールもあり全体的にファミリー向けなので子連れでの旅行にぴったり。ハワイアンスタイルのミッキーやキャラクター達にも会えますよ。

1歳連れ海外のPoint

1歳前半の離乳食期の赤ちゃんには、ベビーフードが手に入りやすい旅先というのも重要ポイント。

1歳頃になると、0歳の時とは違い好き嫌いや食べ好みが出てくる時期でもあります。時にはせっかく持って行ったベビーフードを全然食べてくれないということも‥

もちろん日本から持って行くのが一番ですが、万が一の時に日本製のベビーフードが現地で購入できると心強いですね。

また赤ちゃん連れの海外旅行では機内で他の乗客に迷惑を掛けてしまうのが懸念点ですが、実際に一番大変だと言われているのは0〜1歳児よりも魔の2歳児。(※ 個人差があります)

2歳を迎える前に旅行に行っておこうと考えるママさんもいるようです。

2歳児におすすめの海外旅行先

♦︎ 香港

香港旅行 ブログ

子連れ海外旅行におすすめの国No.2は、フライト時間が4時間半と近めの香港

時差は1時間、空港から市内へはエアポートエクスプレスで約22分。香港は一年中ベストシーズンというのも選びやすいポイント。

香港は近いので0歳や1歳でも大丈夫ですが、あえて2歳でおすすめする理由は香港ディズニーランドがあるから。

香港ディズニーランド ブログ

ディズニーランドへ行くならある程度自我が芽生えてからの方が楽しめますよね。

香港ディズニーは世界一小さいと言われているので子連れでも周りやすく、子供向けのアトラクションも多いです。

ほとんど混雑せず待ち時間もないので、むしろ東京ディズニーランドよりもおすすめ。香港ディズニーの詳細はこちらの記事を参考にどうぞ。

香港ディズニー 飲茶 ダッフィー&シェリーメイ 点心

香港ディズニーランドホテル内で食べることができるディズニー飲茶も人気♡小さい子供も喜ぶこと間違いなし。

香港のホテル 100万ドルの夜景 リッツカールトン

香港市内を観光するなら、100万ドルの夜景が見えるヴィクトリアハーバーのエリアのホテルに宿泊するのがおすすめ。

香港はエリアによって治安も衛生面も違います。小さい子供連れなら高級ホテルのエリアが安心です。

尖沙咀(チムサーチョイ)などの問屋街のエリアも楽しいですが、こちらはもう少し大きくなってからの方が良いと思います。

 

♦︎ オーストラリア

自然がいっぱいのオーストラリアも子連れ旅行におすすめ。小さい子供連れファミリーには特にケアンズゴールドコーストなどが人気です。

時差は1時間、日本からのフライト時間はケアンズが7時間半、ゴールドコーストが9時間、シドニーが9時間半

オーストラリア オーガニックフード

オーストラリアはオーガニックフードを使用した飲食店が多いというのも安心。大人を同じものを食べられるようになる時期なので、食での安全性も重要ですね。

ビーチでのんびりしたり、コアラと触れ合ったり‥動物や自然が大好きな子にはもってこいのオーストラリア。

オーストラリア 赤ちゃん 子供連れ旅行

オーストラリアの夏は11月〜3月。四季が日本と真逆なので、日本の冬の時期に暖かい所で過ごす事ができるという点も良いですね。

 

♦︎ バリ島

子連れ海外旅行 赤ちゃん バリ島

自然や海が好きな子にはインドネシアのバリ島もおすすめ。フライト時間は7時間半、時差は1時間

空港からホテルへは30分〜40分以上掛かりますが、空港送迎の付いているホテルが多いので子連れでの移動も楽。

バリ島 ライステラス カフェ レストラン

バリ島には観光スポットも多くありますが、各観光スポット間に結構距離があるのでタクシーかカーチャーターを貸し切っての移動になります。車での移動なら子供にも負担が少ないですね。

バリ島で小さい子供連れに人気のホテルといえばアヤナ リゾート

バリ島 アヤナリゾート ロックバー

大きなキッズプールや2歳〜利用できるキッズクラブ(シッターさん付き)がある他、ホテル内のレストランもたくさんあるのでホテルから出なくても楽しめます。

ちなみに同じ東南アジアだとフィリピンのセブ島も人気ですが、衛生面が万全ではないので子連れ旅行にはあまりおすすめしません。場所にもよりますが、水や氷にあたる事もあります。

 

♦︎ ダナン

子連れ海外旅行 ベトナム ダナン

最後はベトナムのビーチリゾートダナン

日本からのフライト時間は6時間、時差は2時間。空港から市内までタクシーで15〜20分と近いのも魅力。

ダナンのベストシーズンは3月~8月。

赤ちゃん 海外旅行 キッズプール ダナン

子供連れダナン旅行でのおすすめホテルはハイアット リージェンシー ダナン

ホテルの敷地が広く、レストランやアクティビティも充実しています。

プールサイドが砂浜になっているキッズプールがある他、ホテル内に5つのプールがあるのでどこも空いていて◎

ハイアットリージェンシー ダナン

ベトナムは衛生面が安全ではないイメージがあるかもしれませんが、ダナンのリゾートホテルは別。ホテル内で飲食するなら衛生面も特に問題ありません◎

2歳連れ海外のPoint

航空券の料金は2歳未満だと大人の利用料金の10%であったのが、2歳の誕生日を境に75%にUPします。

これを考慮して1歳11ヶ月頃に海外旅行に行くファミリーも多いですね。

ちなみに2歳の誕生日を旅行先で迎えたい場合、往路の航空券代は大人の10%、復路は75%になります。

また2歳になるとイヤイヤ期も始まるので、他の旅行者に迷惑が掛かってしまうようであればこの時期は旅行をやめるという判断も必要です。

どうしても行きたいという場合は、飛行機内での対策を万全に。

子連れ海外旅行の持ち物

赤ちゃん連れ海外旅行となると荷物がとにかく多くなりますね。でも、荷物を減らす方法もあるので大丈夫!

赤ちゃん連れ 海外旅行 持ち物 着替え

詳しくは赤ちゃん連れ海外旅行の持ち物リスト(0歳・1歳)を参考にどうぞ。

旅行予約はツアーがおすすめ

いざ旅先が決まって旅行の予約をする際、個人手配にするか旅行代理店のツアーを選ぶかでも迷ってしまいますね。

・両親が語学堪能
・海外旅行に慣れている
・その国に何度か訪れている

このような場合は個人旅行でも問題ないと思いますが、そうでない場合はツアーがやっぱり無難。

モルディブ おすすめのホテル

旅行代理店のパッケージツアーなら何かトラブルがあった時にもすぐ対応してもらえるので安心だし、旅行会社の方でホテルのベビーベッドや機内食のアレンジをしてくれるので楽ちんだし。

安心を重視するならJTB はじめてのファミリー海外旅行のツアー、価格を重視するならHIS ベビー&キッズ向けツアーがおすすめ。

赤ちゃんがもう少し大きくなったら個人旅行でホテルや飛行機のアレンジをするのも良いですが、まだ小さいうちはツアーが手堅いかなあ。と思います。

個人旅行で行く場合は子供用の海外旅行保険への加入も忘れずに。

赤ちゃん連れ旅行の疑問Q&A

赤ちゃん自身の記憶はある?

赤ちゃん連れの海外旅行

一般的には子供の記憶が残るのは3〜4歳以降といわれていますが、こればかりは個人差がありますし、その子によると思います。0歳児でも赤ちゃんによっては覚えている子もいます。

実際に私も1歳あたりからの事は大人になった今でも覚えていますし、断片的ではありますが一番早い記憶で生後3日目〜の記憶があります。1歳前後の事を覚えている人は意外と多いです。

記憶に関しては遺伝的要素が大きいと思うので、両親に小さい頃の記憶があるのであれば、その赤ちゃんも幼少期の事を覚えている可能性は高いかもしれないですね。

 

海外旅行保険はどうする?

0歳児連れ海外旅行

赤ちゃん連れ海外旅行となると気になるのはやっぱり海外旅行保険

大人だけの海外旅行であればクレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する人も多いですが、赤ちゃんがこの保険に適用されているかどうか事前に確認を。

もし適用されていない場合は必ず保険に確認しましょう。

必要な補償を自分でカスタマイズできるものもあるので、赤ちゃんの年齢に合わせた保険選びをするのがおすすめ。

おわりに

旅先を選ぶ際は、最初から遠い所へ行かずに徐々に飛行距離を伸ばしたり、赤ちゃんの成長具合に合わせて旅先を選ぶのが良いと思います。

難しいのは兄弟がいる場合ですね。

一人っ子ならその子に合わせた旅先を選べば良いのですが、兄弟がいて全員がまだ小さい場合は旅先選びが難しいと思います。

そういった場合は一番小さい子に合わせながら、兄弟全員が楽しめる旅先を選んであげられるとベストですね。

子連れ海外旅行へ行く場合は、普段の旅行以上に慎重になって情報を集めて、準備を万全にして楽しんでくださいね🌸